人間関係の悩みをゼロ化する奇跡の数式「0=∞=1」

人間関係のガマンなし!ストレスなし!人間関係という、もっとも大切な社会インフラを整えます。

銀行ネタ2 融資できないお客さんの話を長々と聞いちゃう

f:id:norty:20180919064332j:plain

 

人間関係コンサルタント

農宮 彬允(のうみや よしまさ)です。

 

 

今回の記事は、

コミュニケーションのカラクリを知りたい方に

オススメです。

 

幼いころの家庭環境、とりわけ母親との関係性が、

大人になった今にもめちゃめちゃ影響がある

ということについて、

 

著者の体験をベースにつづりました。

 

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 

入社1年目の夏。

 

ローンの申し込みのために

来店された40代女性のお客様。

 

「複数の他社のローンをまとめたい」

という相談でした。

 

しかし、そのお客さまの話を聞いてみると、

 

「これでは審査は通らないだろう」

と思われる、ローンの返済状況や年収…。

 

 

そのことを素直に伝えて

「お力になれず申し訳ございません」

 

などと言って断れば、その時間に

他の仕事に取り掛かれるのですが、

 

私にはなかなかできませんでした。泣

 

 

ついつい話を聞いてしまう

私のパターンですね^^;

 

 

もちろん

 

・そのお客への融資は絶望的であること

・接客を切り上げて時間を有効すればよいこと

 

それらは頭では分かっています。

 

 

それでも

すぐに切り上げられなかったことには

理由があったのです。

 

 

その当時は無意識でしたが、

 

私はそのお客さまの

見た目・年齢・性別などの情報を

いつの間にか大事に思う母

重ねていました。

 

その母に見立てた人を相手に対して、

言葉を悪く言えば

 

 

「お客様の状態では、

うちの銀行では

どうにもできません。

 

ローンの返済金額がそのままで

苦しいかもしれないけど、

 

頑張って返済してね

さようなら。」

 

という趣旨の言葉を

伝えなくてはならなかったわけです。

 

私は母が大好きなので、

 

そのことが最大のブレーキとなり、

接客時間が長引いていました。

 

 

その後は、

そんなこと知る由もない支店長から

 

「いつまで時間かける気だ!」と

 

お説教が始まったのは

言うまでもありません。

 

 

自分自身のことであっても、

私自身も無意識にやっており、

 

自分に何が起きているのかが

分かっていないのです。

 

 

人間は常に人・モノ・事など

何かに反応しながら生きています。

 

自分や相手が何に対して

どんな反応をしやすいのかを

理解しておくと

 

コミュニケーションは

スムーズになりますよ^^

  

人間関係コンサルタント

農宮彬允

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

LINE@にはもう登録しましたか?

 
こちらからセッションを

申し込む場合には

 

特典として

通常価格の5,000円引きにて

ご提供させていただきます^^

 
ご自身の人間関係の問題を解決し

それを社会に広めていくためには

 

まずは本人がご自身の認識と

向き合うことから始まります。

 

これをきっかけに、

人間関係が豊かな社会

一緒に作っていけたら嬉しいです^^

友だち追加