人間関係の悩みをゼロ化する奇跡の数式「0=∞=1」

人間関係のガマンなし!ストレスなし!人間関係という、もっとも大切な社会インフラを整えます。

銀行ネタ4 労働組合への失望

f:id:norty:20180919064245j:plain

人間関係コンサルタント

農宮 彬允(のうみや よしまさ)です。

 

 

以前、私が勤務していた職場での

できごとを元にして、

 

・人間がいかに環境の影響を受けるのか

・反射的に一方的に判断しているのか

 

についてお伝えできればと思います。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

入社3年目の夏のボーナス支給が

終わったときのことです。

 

組合から

各行員にボーナスがいくら支給されているのか

アンケート調査の依頼がありました。

 

私は、同じ部署の人たちが封筒に入れた

アンケート用紙を取りまとめ、

 

組合長のもとへ届けた時の話です。

 

その当時はサービス残業が横行しており、

まずは認知してほしいと思って

その事実を伝えました。

 

その時に言われた言葉は、

 

「農宮くん、

そんなことを言っちゃいけないよ。

 

おれが若かったときは

もっと遅い時間まで

 

お客さんの為と思って

一生懸命働いていたぜ?」

 

 

・・・。

 

 

・・・。

 

 

 

「は???」

 

私は、話す相手を間違えたのかと思いました。

 

(あの、こちらはあんたらに組合費を払っているんですけども…)

 

 

そして、私には、

 

・こいつにはいくら話しても伝わらない

・お前の武勇伝は聞いてない

・時間のムダだ

・意味がない

 

というように、

考えが次々に生まれてきました。

 

そしてその失望を胸に秘めて

再びサービス残業が横行する

いつもの職場へと戻ったのです。

 

 

さてさて、

今思えばの話ですが、

 

「そもそも労働組合は何のために存在しているのか?」

の一言で組合長を黙らせられそうなシチュエーションです。

 

しかし、それが言えないまでに

 

私は頭の中の整理が追い付かず、

感情も分からず、

意見も言えず、

後になって同期にグチを言うしかできない

 

弱者でした。

 

その時は組合長に対する失望が

とても大きいと感じていたのですが、

 

その裏には何もできない自分に対する

失望が隠れていたのです。

 

 

人間関係コンサルタント

農宮彬允

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

LINE@にはもう登録しましたか?

 
こちらからセッションを

申し込む場合には

 

特典として

通常価格の5,000円引きにて

ご提供させていただきます^^

 
ご自身の人間関係の問題を解決し

それを社会に広めていくためには

 

まずは本人がご自身の認識と

向き合うことから始まります。

 

これをきっかけに、

人間関係が豊かな社会

一緒に作っていけたら嬉しいです^^

友だち追加