人間関係の悩みをゼロ化する奇跡の数式「0=∞=1」

人間関係のガマンなし!ストレスなし!人間関係という、もっとも大切な社会インフラを整えます。

ロボットとの恋愛で感じる2つの危機意識

f:id:norty:20180919234634j:plain

人間関係コンサルタント

農宮 彬允(のうみや よしまさ)です。

 

今回の記事は、

恋愛、パートナーシップに関心がある人向けに

その本質を伝える為に書きました。

 

人間として生きる価値を

感じてもらえたら幸いです。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

近年ではアンドロイド

(人型ロボット)が、

 

SFではなく現実的な

成果物として生まれています。

 

 

少し前に話題になったところでは、

 

2015年4月~、マツコロイド

2017年10月~、夏目漱石

 

というものがありましたね。

 

そして

VRバーチャルリアリティー)も

普及しつつある今日、

 

人間にとっての恋愛は

一体どうなるでしょうか?

 

 

恋愛する相手が機械ということは、

 

好きにカスタマイズできる

 

という点がメリットとして

挙げられます。

 

 

・好きな顔立ち

・好きな声

・好きな話し方(方言、言語)

・好きな体型

・好きな髪型

・好きな性格

 

など、自由自在です。

 

技術的には、例えば

憧れの芸能人に限りなく近い設定にすることも

可能になるのでしょうね。

 

 

理想が100%叶ったようなその相手が、

利用者の目線、声色、体温、脳波などを読み取り、

 

・話を否定せずに聞いてくれる

・表情から気持ちを読み取ってくれる

・話題を提供してくれる

 

なんていうことができたら、

多くの人のニーズを満たす

そんな予感しかしません。

 

 

しかし私は、

ロボットを相手にした恋愛には

2つの弱点があると考えています。

 

 

 

1.人間に進化が起きない

 

・ロボットとの会話で寂しさを満たす

・話を聞いてもらって安心する

 

など、その時だけの満足にとどまります。

 

一時的な満足を繰り返すので、

 

そもそもなぜ満たされていないのかという

本質的な問題を見つけられなくなります。

 

ロボットはビッグデータを持ち合わせていますが、

それはすべて過去でできています。

 

パートナーシップを通して

共にどのような家庭や社会をつくるのか

といった未来を描く楽しさ

 

また、課題や限界を規定し

それを突破意思ていく喜びが欠如します。

 

 

2.人間の尊厳の危機

 

人間が生み出したハズのロボットが

人間の上部に存在し、

 

・満足させる側のロボット

・満足させられる側の人間

 

という構図となります。

 

 

人間が作った信号機によって、

どう考えても安全に進める道も

赤信号によって制限されるように 

 

自分が作ったものの下ポジションに

とどまってしまうのは、

無意識的な悔しさや屈辱感に繋がります。 

 

 

つまり、

 

人間とは何なのかを

悟り知ったところから観た場合、

 

ロボットとの恋愛では

尊厳が満たされないのです。

 

 

では、

人間がロボットとの恋愛で満たされる次元に

とどまらないためには

一体どうしたらよいのでしょうか?

 

それにはまず、

ロボットにできること、できないことの

境界線を明確にすることです。 

 

そして、

そもそも人間とは何なのかを悟り知ること。

 

人間が何なのか分からずに人間をやり

ロボットに負けているわけにはいきません。

 

何か感じた方はコメントや

LINE@からメッセージをお願いします^^

 

 

人間関係コンサルタント

農宮彬允

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

LINE@にはもう登録しましたか?

 
こちらからセッションを

申し込む場合には

 

特典として

通常価格の5,000円引きにて

ご提供させていただきます^^

 
ご自身の人間関係の問題を解決し

それを社会に広めていくためには

 

まずは本人がご自身の認識と

向き合うことから始まります。

 

これをきっかけに、

人間関係が豊かな社会

一緒に作っていけたら嬉しいです^^

友だち追加