人間関係の悩みをゼロ化する奇跡の数式「0=∞=1」

人間関係のガマンなし!ストレスなし!人間関係という、もっとも大切な社会インフラを整えます。

【絶望】日本の不都合な真実と、この時代への代案

f:id:norty:20180919054908j:plain

人間関係コンサルタント

農宮 彬允(のうみや よしまさ)です。

 

 

人間関係は、

充実した人生のベースであり、

 

またそれと同時に

社会のセーフティネットでもあります。

 

 

今回は、

私たちが生きる日本の現在地について

 

絶望的な側面を共有したいと思います。

 

日本の自殺者数についてです。

 

 

2003年の34,427人

をピークにして年々減少傾向にあり、

2017年は21,321人

とのことです。

 

警察庁 自殺統計 参照)

 

 

この数字だけを見たら

だいぶ下がってきていると思いやすいですが、

 

この数字にはカラクリがあると言われています。

 

 

たとえ自殺であっても遺書がない場合には

自殺ではなく変死としてカウントされ、

 

そこから計算される実際の自殺者数は

年間10万人を超え、

 

自殺未遂の人は年間50万人以上だそうです。

 

 

そして悲しいことに

20代、30代の若者ほど

死因としてパーセンテージが高い傾向があります。

 

 

これらの数字から、

5人に1人は身近な人を自殺で失くしている

と言えるようです。

 

 

…。

 

 

…。

 

 

これが私たちが生活している日本の側面です。

 

 

 

私は以前は銀行で働いていて、

生命保険の営業に携わっておりました。

 

その時に20代の自殺者数なども

テキストに記載があるのですが、

 

 

私はそれを読みながら

涙がこみ上げてきました。

 

 

若者が

 

・答えが見いだせない苦しみ

・未来を描けない絶望

 

 を感じているかと思うと胸が痛みます。

 

 

わびさびの文化があり、

その繊細さがある日本人だからこそ

 

それらのネガティブな気持ちも

人一倍感じてしまうのかもしれません。

 

 

それは若者の涙であり

 

この時代の悲しみです。

 

 

 

となりの人の

「助けて…」 の一言。

 

もしかしたら、

それは声になっておらず、

 

胸の中に秘めた

声にならない叫びなのかもしれません。

 

 

それをキャッチして

手を取って

状況を理解して

仲間を集めて

問題・課題を解決していく

 

話を聞く力

人とつながる力

 

そのヒューマンインフラが日本を救います。

 

個人を「点」としたならば、

1対1の人間関係は「線」

 

そしてそれが

家庭や企業など「面」や「立体」となり

 

さらにそれが集まって地域・世界へとつながっていきます。 

 

点が何かを悟り知ること

誰かの話を聞ける状態になりますし、

 

線を作れるという事は

共にビジョンを描けるということです

 

 

私は以前、

心理学で大事な人を助けられない

絶望を感じたことがあります。

 

 

もしも、 

心理学よりも深く、精密に

人間の心を理解できる教育コンテンツがあったら

 

そしてそれが

本当の意味で人を救える技術であったならば

それを待っている人がいると思いませんか?

 

私は、2014年に

nTech(エヌテック、認識技術) 

と出会い、

 

絶望が希望に反転する仕組みが分かりました。

 

 

1日でそのエッセンスや日本の可能性を

学べるセミナーがありますので、

 

興味がありましたらどうぞ^^

 

www.nr-japan.co.jp

 

人間関係コンサルタント

農宮彬允

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

LINE@にはもう登録しましたか?

 
こちらからセッションを

申し込む場合には

 

特典として

通常価格の5,000円引きにて

ご提供させていただきます^^

 
ご自身の人間関係の問題を解決し

それを社会に広めていくためには

 

まずは本人がご自身の認識と

向き合うことから始まります。

 

これをきっかけに、

人間関係が豊かな社会

一緒に作っていけたら嬉しいです^^

友だち追加